QMS定着への奮闘日記

「QMSの定着」を目指して、本部も出先も、努力と工夫に奮闘する毎日。
そんな奮闘振りの一部を綴らせて頂きました。

No.201 社内留学が始まりました

2017年4月27日

  当日記№198でご紹介しました、「社内留学:3日間の事業本部体
   験」が始まりました。

   この取り組みの目的は、

     ●どのようにして会社の方針・ルールが創り出されているのか
     ●そこにどんな会社の想いや考えが込められているのか

   等、仕事の背景を、事業所運営の実質を握っている、事業所の各課
   の責任者に知ってもらい、今後の実務の奥行きを深める機会として
   スタートしました。

  先週、第1回目の留学生2名が来ました。

   具体的にどんな活動をしたかというと…

     ●12事業所から挙がってきた報告『事業所3課ミーティング
      結果』『各課ミーティング結果』の確認とフィードバック
     ●QMSミーティング(会社方針の決裁機関)への参加と意見
     ●進行中の案件についての具体策の策定
     ●校正業務・適格性評価業務(バリデーション支援)のホーム
      ページで毎週配信しているメルマガ情報の検討
     ●各事業所からの見積承認依頼や、業務開発依頼案件の確認
     ●その他、各グループ長の日常業務  等々

   全て「事業本部の立場・視点」で実施。

   初めての取り組みなので、互いに手探りで、あっという間の3日間
   でした。

  留学生も、想像と違ったことや今後に活かすこと等が有ったと思い
   ますが、事業本部としても、

     ●事業所の現状や思っていること等、運用者の生の声を聞くこ
      とが出来た
     ●事業本部の考えや視点を共通認識にする議論と整理が出来た

   等、普段の感覚からは薄れつつある、実践と運用者の想いについて
   改めて気づき、学ぶことが出来た、とても実りのある機会になりま
   した。

   (これも2015年版で言う「内部の課題への機会」ですね)

  まだ始まったばかり。これからも社内留学を通してどんな学びがあ
   るか…楽しみです。
   これからも社内留学でのトピックスをご紹介したいと思います。

インデックス